株式投資をしている方は、諸条件を満たすと株主優待を受けることが可能ですが、企業業績は円為替相場の影響を大きく受けます。業績がよければ株主優待の質や量も増えることになりますから、金券ショップやインターネットの利用したオークションなどでの買取価格も変化します。
現在のように円為替相場が円安に動いた場合には、海外との取引をして儲けている企業では、すでに外貨建ての支払いを受ける契約をしているところが多く円建てに変換するとその企業の利益が増します。そうするとその企業は設備投資の増強、雇用者数の増加、株主への配当や株主優待の質をよくしようとします。海外からの輸入を多くする企業は円安によって輸入コストがかさむため、業績が悪化します。
また逆に円為替相場が円高に触れた場合には、輸入を多くしている企業は輸入コストが下がるため、国内での販売を主たる目的としている企業は業績が改善します。このように円為替相場の状況により、その企業が利益を得ている場所が国内であるのか海外であるのかによって状況が異なります。また、海外からの輸入コストと輸出コストを計算することで円為替相場が変動しても株式投資により資金を増やす方法があります。
つまり、円為替相場の変動により企業業績が影響を受け、株主優待制度などの変更が生じるため結果的にそれを買取る業者の価格が変わるという構図になっています。また、個人でのインターネットを利用した売買でもその時の店舗の価格を参考にします。その時の在庫状況やプレミアム度などにより株主優待券の買取価格も変動しますが一般的には有効期限が長く残っているものの方が買取価格も高値が付きやすいため、価格を検討したうえで利用しないものは上手に売却をすることで実質的な利回りを増やすことができます。