イオンの株主優待はイオンをよく利用する人にとって非常に魅力的なものですから、株主優待ランキングでも上位に入り込んでくる銘柄となっています。
そのような人気ランキングでも上位のイオンですが、株価は上がる一方ではなく下がることもありイオンなぜ下がるのかわからないという人もいることでしょう。

イオンなぜ下がるのかというと、それはまず単純に売る人が多いからなのですがイオンの株を持っている人というのは最近所有をしている人だけではなく、何年も前から所有しているという人も少なくありません。
そのような人たちも株主優待ランキングで上位ということで、優待を目的でイオンの株を購入したものの予想以上に株価が上昇したことから優待を受けるよりも売却して得る利益の方が多くなってくると、売ってしまった方がよいと考える人が増えることになります。
そのような人たちが増えてくれば、どれだけ人気でも業績がよくても一時的に株価が下がることになります。
イオンなぜ下がるのかと思ったときには、まずこのような背景を考えてみるとわかりやすいことでしょう。
そして、右肩上がりを続けてきたイオンが一時的に値下がりをすればもう少し安ければ欲しいという人が買いますから、そこで株価が下げ止まり再度上昇をしていくことになります。
そして、一定の株価が上昇するとまた同じようなことが起き再び株価が下落する局面が発生することになるのです。
しかし、これはあくまでもイオン単体で考えた場合の話であり、全体のムードが悪くなればイオンの業績が変わらずとも株価が下がってしまうことがありますし、逆にイオンの業績が下がれば全体のムードがよくても株価は下がってしまうことがありますから、優待を目当てで投資するにしても全体のムードやイオンの業績の確認は怠らないようにしましょう。